京都 冬の服装・女性のおすすめコーデ

スポンサーリンク

京都の冬の平均気温は7~8度程度なのでそれほど警戒しなくて大丈夫です。ただ、盆地なので朝晩の底冷えと風が吹くので体感温度はもっと寒く感じます。

12月~2月・京都 女性のおすすめコーデ

ショートまたはハーフ丈のダウンジャケットにスカート+裏起毛タイプのタイツ、あるいは裏起毛のパンツ、ジーンズにショートブーツがおすすめ

京都の主要観光スポットであれば冬だからといって特別気にする必要はないですが、東京などと平均気温が同じくらいでも京都は盆地なので底冷えします。当然ですが歩くことが多くなるので、疲れない足元がよいです。ブーツやスニーカーなど決めてからコーデを考えると楽です。

同じ京都でも天橋立とか北部は寒さの度合いがちがいます。風と雪対策は考えておいたほうが無難です。ダウンジャケット、コートは必須です。

神社仏閣の観光に靴下カバー

意外と見落としがちなのが靴下カバーです。

神社仏閣などでは靴をぬぐ機会が多く、靴下だけだと寒さがというか冷えがこたえます。それに汚れやすいですしね。なのでフリースのような靴下か靴下カバーがあると重宝します。

※寺社拝観のとき、ときたまスリッパ持参の人もいるようですがあまりおすすめできません。畳のところで脱がなくてはなりません。

冬コーデの基本も足元からです。京都観光の目的地が決まっているならそれに合わせて組み合わせましょう。

例えば神社などで上記のように靴をぬぐことが予想される場合はブーツより脱いだり履いたりしやすいスニーカーとか、また、嵐山とか北部に行くならブーツでコート必須です。

小物が便利

ニット帽、マフラーや手袋は必須ですが薄くて軽いひざ掛けが一枚あると色んな場面で便利に使えます。移動中の車内や広い座敷のある料理店、お茶屋さんなどでも重宝します。

お出かけ前にブーツに防水スプレーをしておくと雨雪でも安心です。また、カイロも忘れずに持っておきましょう。